働く車はミニカーもカッコイイ!WSIやNZG、トミカなどおすすめを紹介

1:働く車の魅力

周囲には沢山の働く車に溢れています。事件に向かうパトロールカー、火事や災害には救助に向かう消防車や救急車、物流を支える大型トラックなど数え切れません。働く車を見ない日というのは少ないでしょう。

1-1.大迫力の大きさ

建設現場ではショベルカーや大型クレーン、ダンプカーなど、特殊車両の活躍の場です。大型のダンプカーともなれば、タイヤだけで大人の身長を超えるほどの大きさになります。圧倒的な大きさが迫力ある印象を与えるのです。

1-2.独特のフォルム

ショベルカーやクレーン、アスファルトフィニッシャーなど、働く車には乗用車とは違った独特のフォルムがあります。その見た目から、油圧式のシリンダーによって動く機構は特別なカッコ良さが印象的です。また、パトロールカーや消防車など「特別な色」をしているのも働く車の特徴です。その車両だからこそできる仕事がその場にあります。一般の家庭では、まず乗車することは少ない「特別な乗り物」に心躍らされるのです。

1-3.手に届かない特別な乗り物

働く車は特別な乗り物です。消防車や救急車など、乗用車として購入することはなく、その専門職に就かなければ、決して乗ることができない特別な乗り物です。そこで、ミニカーとしてコレクションし、特別な乗り物のオーナーになった気分を味わうことができます。ミニカーのコレクターは多く、働く車をメインにコレクションしているコレクターも少なくありません。ミニカーのメーカーは、トミカなど日本に限らず世界にも数多くあり、メーカーによってメインとしているジャンルやスケールがあります。勿論、WSIやNZGなど働く車をメインにしたミニカーメーカーもあり、その精巧な作りに目を奪われるほどです。

2:働く車主要ミニカーメーカー

WSI(オランダ)

WSIはトレーラーや重機を中心に製造している海外の模型メーカーです。WSI製は細部の細かなディテールまで作り込まれ、シャーシ裏など目に付かない部分の配慮も素晴らしく、海外製トレーラーに興味がある人ならおすすめしたいメーカーです。WSIは1/50スケールの商品が多く、3万円を超えるミニカーなど高価な商品が多いですが、大迫力と精巧な作りから満足できる1品となるでしょう。

NZG(ドイツ)

NZGは主に建設機械や特殊車両を製造している海外の模型メーカーです。NZG製のメインは1/50スケールのトレーラーを取り扱っていますが、ロードローラーやショベルカーなどもカバーしています。NZGはマニア向けと言えるでしょう。勿論バリエーションも豊富で、細部のディテールも素晴らしく、NZGとWSIはどちらも甲乙つけがたいメーカーです。

トミカ(日本)

トミカは日本を代表する老舗メーカーです。トミカ製品を幼い頃に目にした人も多く、TVCMなどでもトミカを見かけるほどです。フェラーリなどのスーパーカーなどもありますが、パトカーや白バイ、救急車、消防車や消防指揮車など幅広く取り揃え、大型トラックなども勿論あります。トミカと言えば手のひらサイズで1つ450円という安価、さらに商品により異なりますがサスペンションやボンネット開閉、タイヤが動くギミックなどもあります。幼い頃からトミカ製品についつい誘惑されてしまう人も多いでしょう。

3:おすすめ通販サイト

BoostGear
ミニカー通販の専門店です。上で触れた海外メーカーWSIとNZGの商品も複数取り扱い、日本語が読めないという海外の方向けのページも用意してある気配りは素晴らしいの一言。実店舗もあるので、WSIやNZGの商品があれば実際に足を運んで海外商品を確認することも可能です。

4:おすすめ買取サイト

FREESTYLE
ミニカー専門店BoostGearの買取専門サイトです。WSIやNZGなど海外メーカーのミニカーもカバーしています。メディアにも出演経験があり、買取知識と経験豊富なスタッフが丁寧に査定してくれます。サイトには過去の買取実績も公開してありますので参考にもなるでしょう。査定料、査定額に納得がいかなかった場合のキャンセル料も発生しませんので、まずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。メール、LINEでの相談は24時間受付しています。

5:まとめ

働く車というのは、男の子にとってカッコイイものです。迫力の大きさ、独特の可動部、乗用車とは異なる独特のフォルム。働く車に魅了されるのは日本人に限ったことではありません。WSIやNZGなど細かなディテールまで再現しているメーカーは複数あり、幼い頃に憧れた車をミニカーとしてコレクションする人は多くいます。ぜひ一度サイトをご覧下さい。お気に入りの一台に巡り合うかもしれません。