Nゲージ

Nゲージ鉄道模型買取はフリースタイル

Nゲージの買取

専門スタッフによる査定でおなじみフリースタイルが、大切な Nゲージを丁寧に査定いたします。

Nゲージ鉄道模型は、長編成や新幹線等の車両でなければ900mm×600mm程度のスペースがあれば走行可能。狭いスペースでも鉄道模型を楽しめるため、国内でもとくに人気が高い商品です。

レールのユニットでは、「KATO」と「TOMIX」が二大定番ブランドで、どのメーカーの鉄道模型車両でも走行できます。Nゲージで自分だけの町をつくる魅力は、大人の趣味として広まっています。

お見積もりはフリーダイヤル(携帯電話OK)、またはメールフォームからお気軽にどうぞ。ご質問・ご相談だけでも大歓迎です。

Nゲージ鉄道模型買取対象メーカー

n-gauge
  • KATO(カトー)
  • TOMIX(トミックス)
  • あまぎモデリングイデア
  • アルモデル
  • エンドウ
  • キングスホビー
  • グリーンマックス
  • シバサキ模型
  • スタジオフィール
  • タヴァサホビーハウス
  • トミーテック
  • ハセガワ
  • ボナファイデプロダクト
  • ホビーメイトオカ
  • マイクロエース
  • マイクロクス(しなのマイクロ)
  • モデモ(MODEMO)
  • モデルワム
  • リアルライン
  • ワールド工芸
  • 永大(グリップ)
  • 河合商会
  • 学研
  • 関水金属/KATO(カトー)
  • 乗工社(三田模型)
  • 中村精密/ナカセイ
  • 津川洋行
  • 八雲工芸
  • 富士通
  • 夢屋

※上記メーカー以外の鉄道模型も喜んで買取いたします♪

Nゲージとは?

線路の幅が9mmで統一された規格の鉄道模型のことをいい、線路の上を1/150(新幹線や欧米の車両は1/160)に縮小された鉄道車両が走るものです。この9mmのレール幅(ゲージ)は世界共通の規格で、日本の車両はもちろん、準拠していれば世界のNゲージ車両を走らせることができます。Nゲージの「N」の由来は、英語の「Nine」、ドイツ語の「Neun」など「9」を指す単語の頭文字「N」からきています。

Nゲージは小型に作られており、広いスペースがなくても楽しむことが出来ます。いろいろなレイアウトを楽しむにはNゲージは非常に適した大きさとなっており、狭いスペースでも鉄道模型を楽しめるため、日本では最も一般的な縮尺の鉄道模型と言えばNゲージが挙げられるでしょう。

Nゲージは「模型」だけに、ディテールを可能な限り精密に再現して縮小しているので、子供たちに人気のプラレールなどの「玩具」とは一線を画しています。

日本の2大Nゲージメーカーとして有名なのは、KATOとTOMIX(トミックス)が挙げられますが、この2社以外にワールド工芸やマイクロエース、グリーンマックスなど数多くのメーカーが車両模型を中心にNゲージ鉄道模型を製作しています。

Nゲージの楽しみ方としてレイアウト製作も盛んです。ジオラマを作るための草や木、塗料などの材料も進化、充実していており、Nゲージで自分だけのレイアウトをつくる魅力は、大人の趣味として広まっています。近年では鉄道ブームの影響もあり、若い世代にも支持され始めています。