電車に書いてあるカタカナや数字の秘密!!


鉄道模型買取鉄道模型通販

車両の側面や車内などに表示されている【カタカナ】と【数字】を見たことはありますか?

車両の側面にはクモハ313-1105やモハ115-1105などいろいろな【カタカナ】と【数字】が表示されています。

見たことはあるけどどんな意味があるか知らない!!という方が多いと思います。

あらゆる情報が詰まったこの【カタカナ】と【数字】の秘密を教えちゃいます!!

1番目の文字(2文字の時もある)は[車両の種類記号]

JRと旧国鉄の車両番号は基本的に、カタカナと数字からなる7要素で構成されています。

まずは【カタカナ】に注目。

例えばクモハ313-1105であれば『クモハ』の部分。

一文字一文字意味があり意味は下記の通りです。

種類記号 車種 内容
制御車 運転台付きの車両
電動車 動力装置付きの車両
付随車 トレーラー車両
クモ 制御電動車 運転台付き動力装置付きの車両

2番目の文字は[車両の設備]

それでは2番目の文字は何を意味するのでしょうか?

2番目の文字の意味は下記の通りです。

設備記号 車種
グリーン車(1等車)
普通車(2等車)
食堂車
郵便車
荷物車
職用車
救援車
配給車
ロネ A寝台車(ロで寝(ネ)るの意味)
ハネ B寝台車(ハで寝(ネ)るの意味)

なので『クモハ』は制御電動の普通車となります。

1等車、2等車、3等車を表す『イロハ』ですが、『イ』が廃され、ロハが繰り上がり、1等車、2等車の意味になりました。

このカタカナ表記は国鉄時代のものです。

次は【数字】に注目。

1番目の数字は[電気の方式]

JRでは大きく分けて直流と交流という2種類の電気を使っています。

なのでこの数字はどちらの電気で動くかを表しています。

数字 種類
1~3 直流
4~6 交直流
7~8 交流
9 特急
9 試作車

※交直流とは両方の電気で走れる車両のことです。

2番目の数字は[用途]

車両の使い道を表します。

数字 種類
0~3 通勤・近郊
4 事業用、非旅行用
5~7 急行
8 特急
9 試験車などの特殊車

3番目の数字は[区別]

登場順に若い奇数から使っていく。

車両によっては基本となる番号の他にそこから1を引いた偶数番号を同じ車種の一部車両に用いる事がある。

-(ハイフン)の後の数字は[製造番号・番台区分]

その系列の車両の何番目に製造されたかを表しています。

原則として、その車両が製造された順に「1」から割り振られます。

鉄道模型買取鉄道模型通販