ヴァージン・レーシンググッズ

ヴァージン・レーシングのF1グッズ買取はフリースタイル

専門スタッフによる査定でおなじみフリースタイルが、大切なF1チームグッズを丁寧に査定いたします。

ヴァージン・レーシングのグッズを高価買取致します

オフィシャルグッズ、特注品・限定品(ウェア、バッグ、財布、サングラス、キャップ、ペン、ペンケース、ミニカー、モデルカー、革小物ほか)募集中♪ 新品・中古問わず買取いたします!

お見積もりはフリーダイヤル(携帯電話OK)、またはメールフォームからお気軽にどうぞ。ご質問・ご相談だけでも大歓迎です。

買取対象アイテム

シャツ、ジャケットなどチームウェアお売りください
帽子、キャップお売りください
腕時計お売りください
ミニカー・モデルカーお売りください

※その他、グローブ、シューズ、ステッカー、キーホルダーなど、各種ヴァージン・レーシングのF1グッズ&チーム支給品を高価買取いたします! 上記以外のグッズももちろん買取OK♪

※商品の量が多く、リスト作成が困難な場合は、お電話にてご相談を承ります。お気軽にご相談ください。

「ヴァージン・レーシング」とは?

当初は「マノー・F1チーム」としてスタート。 2010年F1参戦初年度の「VR-01」は、開発予算削減のため数値流体力学によるシミュレーションのみでつくられた、F1初のデジタル設計マシン。 新チームだけにレース当初からトラブルが噴出し、リタイアが相次いだ。燃料タンクの設計にミスもあったため、ドライバーは速度を抑えて走らねばならず、持ち前の速さを発揮できなかった。 完走率は全チームの中で最も低い19戦38台。コンストラクターズランキングも最下位の12位で終えた。

2011年ドライバーはティモ・グロックとルーカス・ディ・グラッシに代わり、ジェローム・ダンブロシオ。「VR-01」を強化した「VR-02」の開発もうまく行かず、コンストラクターズランキング2年連続最下位の12位で終えた。 2012年からはチーム名が「マルシア・F1・チーム」へと変わった。