ホンダグッズ

ホンダ・レーシング・F1チームのグッズ買取はフリースタイル

専門スタッフによる査定でおなじみフリースタイルが、大切なF1チームグッズを丁寧に査定いたします。

ホンダ・レーシング・F1チームのF1グッズ&チーム支給品を高価買取致します

オフィシャルグッズ、特注品・限定品(ウェア、バッグ、財布、サングラス、キャップ、ペン、ペンケース、ミニカー、モデルカー、革小物ほか)募集中♪ 新品・中古問わず買取いたします!

お見積もりはフリーダイヤル(携帯電話OK)、またはメールフォームからお気軽にどうぞ。ご質問・ご相談だけでも大歓迎です。

買取対象アイテム

シャツ、ジャケットなどチームウェアお売りください
バッグお売りください
ミニカー・モデルカーお売りください
腕時計お売りください
靴、シューズお売りください
その他グッズお売りください

※その他、グローブ、シューズ、ステッカー、キーホルダーなど、各種ホンダレーシングF1チームのグッズ&チーム支給品を高価買取いたします! 上記以外のグッズももちろん買取OK♪

※商品の量が多く、リスト作成が困難な場合は、お電話にてご相談を承ります。お気軽にご相談ください。

「ホンダ・レーシング・F1チーム」とは?

1962年~2008年までF1参戦。1962年の初年度はシャーシを自社開発し、フルコンストラクターとして参戦。マシンはRA271。

翌1963年にはメキシコGPでリッチー・ギンサーが初優勝を飾るも、1968年市販車低公害型エンジンの開発理由にF1活動休止。その後、1983年からエンジンサプライヤーとして参戦。 1986年、ウィリアムズ・ホンダとしてコンストラクターズチャンピオンを獲得。 1987年には鈴鹿サーキットにF1を招待することに成功し、日本でのF1浸透に多大なる貢献をした。

2006年、「エンジン供給および車体の共同開発」に関して2000年よりパートナーシップを組んでいた B.A.R(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング)の株式を100%取得し、38年ぶりに純ホンダとしてF1参戦。ドライバーはジェンソン・バトンと、フェラーリから移籍したルーベンス・バリチェロ。マシンはRA106で、ハンガリーGPでジェンソン・バトンが優勝。合計86ポイントを獲得した。

2009年、経営面の問題からF1撤退を発表。最終成績は合計14ポイント、コンストラクターズ第9位でF1参戦の幕を閉じた。